今もなお先人たちの面影を残す旧家。

室町時代からこの地に住んでいた旧家の門西家は、江戸時代には湯之奥金山を管理し、名主や関守を務めていました。
現在の建物は江戸時期のものといわれ、当時のこの地方の生活様式や面影を残す貴重な遺構として 国指定の貴重文化財となっています。