Monzai Ke housing

門西家住宅

仁明天皇の頃、甲斐の国主藤原正信公は病のため当温泉で療養しました。或る夜夢枕に熊野権現あらわれ「此の山上に我を祀れよ」とのお告げにより建立したと伝えられています。毎年5月の神楽奉納の舞台です。

下部温泉駅より 5km  車で 10分 Googleマップ

The Monzai Ke, who had lived in this area since the Muromachi period, was in charge of the management of the Yu-no-oku gold mine during the Edo era. It is designated by Japan as an important cultural asset, a precious remnant that retains the lifestyle and shadow of the then era.

関連記事

  1. 道の駅しもべ  下部農村文化公園

  2. なかとみ和紙の里

  3. 山梨交通 株式会社

  4. 富士川クラフトパーク

  5. 美技きもの資料館

  6. 熊野神社

  7. みのぶ ゆばの里

  8. 木喰の里微笑館

  9. 本栖湖